スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤章氏のプレゼン術の覚え書き 

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」でやっていた佐藤章氏のプレゼン術の覚え書きです。

 

  • 20分間のプレゼンの場合、1枚1分として20枚のスライド。
  • 一枚に一項目。
  • 20枚のスライドを4*5に並べる。
  • この5つずつのまとまり4つをそれぞれ起承転結とみなす。

 

佐藤章氏は商品企画なので起承転結を次のように表していました。

 

  • 今はどんな時代なのか
  • だからこの企画
  • セールスポイント
  • 会社にとってのメリット

 

このプレゼン術でなるほど、と思ったのは4*5に並べるところ。 PowerPointなどで資料を作成しているとスライドが縦に並びます。これだと起承転結の各ボリュームがわかりにくい。 全体としてのバランスをいわゆる「見える化」しているところが特徴ですね

 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/54-c84f687e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。