スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い子はまねしちゃいけないgccでの構造体共用体 

しばらくgccから離れていたのでしらなかったことをつらつらと。
良い子はまねしちゃいけないので詳細は省略

 

typedef union {
    unsigned long l;
    struct {
        unsigned long s0:16;
        unsigned long s1:16;
    };
    struct {
        unsigned long c0:8;
        unsigned long c1:8;
        unsigned long c2:8;
        unsigned long c3:8;
    };
} t_multi;

 

これはちょっと魅力的かも。&multi.s0はがまんする。

 

 struct {
      unsigned long l:1;
      unsigned long c0:7;
      unsigned long c1:8;
      unsigned long c2:8;
      unsigned long c3:8;
 };

 

なんてやったら大変なので良い子は使ってはいけません。

gccとは関係ないけど

 

struct {
    unsigned short s0:16;
    unsigned short s1:16;
}

 

 

struct {
    unsigned short s0;
    unsigned short s1;
};

これはうまく使い分けたいものです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/44-e8c2dfbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。