スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMWareを使った配布方法 

deskzillaのサイト内にBugzillaがインストールされたVMwarePlayerのイメージがダウンロードできるページがあります。 これを知った時になるほどなぁ、と感心してしまいました。


いまどきのLAMPな環境でのサービスは知れ渡ってきたとはいえ、セッティングはやはり敷居が高いと思います。XAMPPという手もあるのでしょうが、 目的のWebService自体は自分でインストールしなければなりません。 その点VMWareのイメージであればインストール作業が全く必要ないのがいいですね。 WMWarePlayerがFreeになったことで配布方法の可能性が広がりました。この展開は全く思いつきませんでした。

ところでdeskzillaよりもFree Virtual Bugzilla Serverの方がほしいと思うのは私だけでしょうか?(笑)

 


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/32-5ea6ef58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。