スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実例型開発プロセス解説の難しさ 

ソフトウェア開発の仕事をしていると、やっぱりもっとうまく開発を進めたいと考えるようになります。 私もいろんなサイトや本などを読ませていただいて勉強させていただきました。 その中に仮想的にプロジェクトを用意することで実例を提示している形で開発プロセスを解説しているものがあります。

 

この形式の解説は具体的なイメージが沸きやすく、現実にすばらしい解説がされているものも多くあります。 いまどきの開発プロセスで純粋なウォーターフールであるものはまずありえず、なんらかの形でイテレーションが組み込まれています。 イテレーションが発生するということはつまり手戻りが起きているということです。 この手戻りを如何にうまく対処できるかが解説しようとしているプロセスや手法の特徴とさえ言えるでしょう。

 

手戻りに対してうまく対処できますというタイプの場合、「このような仕様変更、追加が発生しました。この場合、 このように対処することで解決できます」という実例があげられます。仕様変更、追加に対してアジャイル型であれ統一プロセス型であれ、 重要なキーワードに抽象化があります。どのように抽象化すればよいのかを理解するために実例をあげているわけですが、 読者がそれを実際の業務に持ち込む際にはうまく抽象化するためにあげられた実例自体をうまく抽象化、つまり理解できている必要があります。 このことは抽象化を理解してもらうための実例はより抽象化が容易であるものでなければならないということです。 これはかなり難しいことだと思います。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/24-2e61df28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。