スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙の大きさと書く内容 

手帳術やノート術などの本がたくさん出版されています。私も何冊か読ませていただきました。様々な工夫が紹介されていていろいろ参考にさせてもらっています。どんな工夫が私にとって有効なのかを考える際に、紙の大きさと書く内容について考えてみました。

 

パターン1。今自分が持っているもの、知っていることを基に何らかの関係、構成、体系などを見つけ出そうとしているときに書くという作業を行います。この場合、一発で見つけ出せることなどほとんどありません。そこには必ず試行錯誤が行われます。当然無駄な記述も入ってきます。そのためには広さが必要です。そこで得られた関係などはアウトプットされることが意識されています。

 

パターン2.批判的な見方を横に置いておいて、すでに提示されているものを理解することを目的として書く場合があります。いわゆる学習です。ここで提示されているというものはすでに構築されているわけですからそのための試行錯誤は不要です。その分、要求される広さは少なくなります。

 

パターン3。何かにフォーカスして書く場合があります。何にフォーカスしていたかは覚えていてもその内容すべてを覚えていつづけることは難しいことがあります。例えば会議メモや講演メモなどです。仕入れておくべきだと判断された情報などが書かれます。小学校あたりの学習もこの範疇に入ってくると思います。この場合はある程度狭くても問題ありません。

 

パターン4.とにかく忘れたくないために書くといことがあります。手帳などに短く書くメモです。

 

これらのことについて自分の生活において日常的に発生するケースを振り返ってみると、私の場合はパターン3、4が多く発生しています。最近はパターン1も徐々に増えてきました。パターン1ではA4を、パターン3ではA5を、パターン4ではA7の紙を使っています。

 

ちなみにデジタルデータのドキュメントについてはアウトプット用と割り切るようになりました。試行錯誤するには自由度が足らないと感じ、常時携帯しメモするには制約が多く、仕入れるべき情報にラフで十分な図が入り込んでくるとやはり紙の方が楽だと感じています。内容をそのまま何度も流用したり、網羅的に検索することが頻繁になってくれば、そのときはPCへの依存度が上がってくるかもしれません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/153-89a42767

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。