スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートの使い方を模索中 

現在、ノートの使い方を模索中です。私の場合、打ち合わせやプロジェクトのスケジュールにのらないような周辺の業務ログ、アドホックなレビュー時のホワイトボード代わり、ランダムに思いつくアイデアや懸念点などにノートを使っていますが、特に工夫もせずに使っているために後で見直す必要が出てきたときに少し使いづらいと思っていたのでちょっと考えてみました。

 

大きく分けるとログ(時系列)とランダムメモに分かれています。とりあえずこの2つは後で見直すときの使われ方が違うということでノート自体が持つ機能が別になるのではと考えました。

 

ログ用ノートは書いた内容の前後関係を確認することがあります。またある程度フォーマットのパターンがあると思われます。とりあえず言葉にして吐き出してみることにしました。

 

ノートの取り方については本当にたくさんの本が出版されています。仕事をする上で機会が多いのはやはり会議の議事録でしょう。ネット上でも議事録に関するノウハウが記述されたものが多くあります。有用な情報として大変参考にさせてもらっています。ただ、いくつかのノウハウには会議はこうあるべきというのが前提となっているものがあります。会議が常に理想的に進められるとは限らないので実際のノートの運用方法はある程度、幅を持たせる必要があります。これを前提に要求をまとめてみると

 

  1. 会議中の記述は話された順番に記述していきたい
  2. 後で見直す際にをすべて読み直さなくても良いようにしたい
      (アクションプランや問題点など)
  3. 会議の目的に合わせた俯瞰視点をフォローしたい\
  4. 所感も書ければ書きたい

こんな感じになると思います。1は会議で共有された問題点や事実、決定事項です。2はインデックスが欲しいということです。3と4は自分の頭の中のフォローとなっています。ノートを3つに分けるとなると有名なのがコーネル大学式ノート作成法です。これをいただきます。

 

log_note

 

  1の領域には共有された問題点や事実、決定事項を話された順番に書きます。2の領域にはそれがアクションプランなのか問題点なのかなどのマークを付けます。マークを付けるのは会議が終わった後でもいいと思います。3の領域には所感を書きます。また必要であれば会議の目的に合ったフレームワークを書いておき、会議に対する俯瞰視点のフォローとします。フレームワークパターンはランダムメモに書いておきます。

 

ノート選びに続きます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/135-d6d70c4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。