スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE OUTS 

いつの間にかアニメが始まっていました。一時期ONE OUTSのためだけにB.Jを買っていた私としては痛恨です。(笑)甲斐谷忍氏の作品にはLIAR GAMEや小田霧響子の嘘などがありますが、個人的にはやはりONE OUTSが抜けています。

 

身内を含めた人間関係の表現の弱さが目立ってしまうのですが、渡久地東亜がいわゆるダークヒーローだからということも手伝って仕掛けのおもしろさのみに頼っていない所がこの作品の魅力だと思っています。

 

アニメを見ていて、マリナーズの高見との初戦の最終打席の最後の一球がどんな球かは私は知っていましたがそれでもやはり面白い。頭の中の言葉がやたら台詞として出てくる作品ですがそれが省略された瞬間がこの作品が再度見ても面白いと思わせるのでしょう。

 

ONE OUTSを見たことがない方はとりあえず、高見との初戦までがまんして見てください。そこで合わないと思ったらあきらめましょう。(笑)

 

 

ONE OUTS 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
甲斐谷 忍

4088757998
集英社 1999-06
売り上げランキング :
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/134-d6303fea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。