スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党総裁選挙の今のところの感想 

石原さん
おそらく本人も最初の投票で過半数以上を確保して1位になれるとは考えていないでしょう。であるならば他の人が一考せざるを得ないくらいの鋭さを持った政策をせめて一つ、突きつけるというスタイルがあったほうが本人のみならず自民党にとってもいい方向に向かわせることができるのではないでしょうか。

 

小池さん
この人はいわゆる空気を読むのがうまいだけではなく、空気を作るのが本当にうまい人です。そこに存在するカルチャーに変化をもたらすことにかけてはずば抜けていると思います。現在の状態に切り込み隊長として有能なのはわかりますが、切り込んだ後まで思い描く必要のある総司令官としては未知数だと思います。

 

与謝野さん
政治家や官僚など相手もよくわかっていたり、頭の切れる人が相手の場合にはとても優れた人なのだと思います。状況を客観的に理解するのに長けているのでしょう。それ故にこの人の話を聞いた後には「そのためにあなたは何をすべきだと思いますか?」というもやもや感が残ります。価値観がわかりにくいリーダーにはなかなか全幅の信頼はおけません。

 

石破さん
私はこの人の議論に対する姿勢はかなり評価しています。特に日本人が苦手な(特に極論を用いられる)そもそも論を聞いていられる数少ない人だと思います。理想を持てない政治家はその分価値がさがります。現実から理想への登山ルートを提出するのは政治家の役目です。防衛ルートに関しては一流だと思います。けれども教育、外交、経済などのルートについてはまだやっつけ感が残ります。

 

麻生さん
総裁選挙かどうかは別にして政治家の意見の表明として「お、なるほど。そうするとどういう展開が見えてくるのかな?」と一番思わせてくれたのが意外にも麻生さんでした。国民総所得という考え方がどれくらい有効なものかはわかりませんがそれがどういうものかを伝えるのはマスコミの仕事でしょう。例えば企業の単年度の社員の給料のベースアップに応じて減税するとしたら何がよくなり何が悪くなるのかなど妄想のネタとしてはとてもおもしろいと思いました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/130-a6f76d7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。