スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読む本 

本を読む本 (講談社学術文庫)
Mortimer J. Adler Charles Van Doren 外山 滋比古
4061592998

書店では勝間氏推薦の帯が目立っていますが、私は勝間氏の著作を読んだことがなく、「打たれ強くなるための読書術」で紹介されていて気になっていたので購入しました。


この本の背骨となるキーワードは初等読書、点検読書、分析読書、シントピカル読書です。初等読書ではその意味と教育との関係を、点検読書ではその方法とその効能を述べています。


私はこの本の核となるのは3つめの分析読書だと思っています。分析読書では第1に本を分類します。この本で主に対象としているのは教養書であり、今日教書には理論的な本と実践的な本とに分かれるとあります。確かに実態を知ろうとすることと目的を達する方法を知ろうとすることは別の営みですし、そこから使用すべき表現も変わってきます。


第2にアウトラインをつかむとあります。本の分類と合わせてアウトラインをつかむということは本の構造を理解するということです。構造を理解すれば展開がわかります。現状から始めて結論へ導いているのか、主張から始まりその根拠を挙げていきその主張がもたらす意味で締めくくっているのかなどです。


第3に著者が使用している言葉の意味を考えるとあります。同じ言葉でも違う意味として使われることが多くあります。それを見つけることなく正しい理解は困難です。第4に著者が伝えたいことになります。第3では名辞についてであったのに対してここでは命題と論証が対象となります。


ここまできて、名辞の統一性、命題と論証の整合性、展開の妥当性などを踏まえて批評が始まるとあります。これらのことは丁寧に裏返していくとそのまま文章を書くときに意識すべきことになっています。


研究者であればシントピカル読書の方法論も非常に役に立つものでしょう。しかしそうでない人にとってもこの本が価値があるのは今巷に数多くあるThinking系やWriting系の本へのスタート地点があまりにも多く網羅されているということです。


この本の第1版がアメリカで発行されたのは1940年です。半世紀以上もたった今でも専門家でなく普通の人々に直接的な知見を与えてくれる本というのはなかなか出会えないのではないでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/124-5eed4ded

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。