スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連射王 

連射王 (上)
川上 稔
4840237344
連射王 (下)
川上 稔
4840237352


油断していました。ジャンルに関わらず面白い小説はあるのだということを忘れていました。小説をより楽しむための大切な要素として追体験があるとすれば、読む側に追体験可能なバックボーンが必要となります。この本で言えば1990年代、スーパーファミコン後期からPlayStationにかけての時期にアーケードゲームをやりこみ、ゲームをクリアするということが家庭用ゲーム機とアーケードでは違うのだということを経験した人でしょうか。



主人公に対する共感という面からではさすがにニッチすぎるということと、せっかく映画ライターズロードマップ(以下、WR)を読んだので、WRでいうプロットライングラフに当てはめてみようと思います。



主人公の高村はゲーセンで竹さんのプレイを見ることで意識せざるを得ない敵対者の存在を認識します。上巻では敵対者を知っていく過程が書かれています。ゲームをやっていて最も楽しい時期になります。そして上巻の最後ではWRでいう中間部のカタストロフィを迎えます。読者に最も強く追体験させて上巻は終わります。上巻を読み終えたとき私は電車の中で今どこの駅かを確認しなければなりませんでした。(笑)



下巻ではプロットライングラフの曲線に従って下降していきます。そしてWRでいう野獣の腹、竹さんの挑戦を期にプロットライングラフの曲線はあがりクライマックスへ向かいます。WRで書かれている友人や心的葛藤なども合間に盛り込まれています。よくできているものだなと感心しました。



クラブ活動や恋など確実に自分の中に存在することを認めながらもその相対的な位置を試行錯誤する高校生という時期において、自分の中に存在を認めざるを得なくなったゲームを通してその位置関係を認識していくことがちゃんと書かれているため、単にマニアックな作品でなかったのがとてもよかったと思います。



この作品の表現装置として小説は、ゲームというビジュアルに非常に関わりの深い題材であるにも関わらず、いや、そうであるが故に最も適してたのかもしれません。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/120-a18fd75a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。