スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議論のルールブック 

議論のルールブック (新潮新書)
岩田 宗之
4106102366

議論というものはもっとしっかりしたものを望ものですが、どうしても漠然としてしまいがちです。そこをクリアにする手がかりとしてとても良い本です。

 

第1章はよく(特にネットで)見かける議論がおかしくなってしまうケースについて書かれています。感情論、インチキ理論、冷笑者、匿名をキーワードにしてそれぞれのケースをいくつかのパターンとしてとらえています。この章を読むときに大切なのは方法論ではなく著者の分析によって提示されたパターンを理解することです。パターンに陥らない方法やパターンから抜け出す方法ではありません。おそらくそんな銀の弾丸はないでしょう。

 

第2章は「そもそも議論とは何か」とあります。この章が一番興味深く読ませてもらいました。議論、客観、一般などあたりまえに使われる言葉を整合性が取れるように定義してみようという試みです。もちろんこの本での定義が一般に通用するかどうかは保障の限りではありません。議論、討論、対話などは私が考えていた定義とは違っているものでした。しかし定義の違い自体はあまり重要ではありません。そう定義することで何か有用なものが導き出されるかが重要なのだと思います。どういう意味でその言葉を使っているのかの表明することをためらうのは議論にとってマイナスです。

 

第3章は発言という行為についての分析です。発言の自由、発言の責任、謝罪、発言の削除などについて書かれています。発言の周辺に存在するメカニズムといってもよいでしょう。そのこと自体はおそらくもっと考える余地があると思います。しかしそこにメカニズムが存在するということを忘れてはならないはずです。

 

この本のすばらしいところは何よりも具体例がとても丁寧なところです。人に自分の考えを伝えるときに具体例を用いることはとても有効なことです。しかし抽象的な問題になればなるほどよい具体例を見つけるのは本当に大変です。この本は方法論を提示しているのではありません。この本で主張されていることに対してアンチテーゼを考えることもできますし、テーゼをもとに方法論を考えることもできます。改めて考えるきっかけとしてとてもよい材料を提示してくれている本です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/115-19e7fd58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。