スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾った言葉 2008/01/13 

モーニング2008・01・24号のチェザーレから。

そもそも冒険とは達成を前提としそのために万全の策を練ったものであって、その対策を意識しないというのはそれはもう冒険でなく無謀というものですよ

アンジェロからチェザーレへの言葉です。君主にとって大事な考え方というよりは君主に誠実な人間がどのように考えるのかということを表しているように取れました。軍師や参謀、ソフトウェアアーキテクト向けの言葉かもしれません。

 

爆笑問題のニッポンの教養 新年会スペシャルから。

納得したものを人は受け入れる。効率を一ヶ月で考えるか、一年で考えるか、百年で考えるか。どこまでイマンジネーションを時間の軸に広げられるか。

生物と無生物のあいだ」の著者、福岡伸一氏の言葉です。自分のやっていることに迷いが生じたときにニヒリズムや他人から与えられたイデオロギーやすでに存在する価値観にその理由を求めるだけでなく、違う時間軸との因果関係にも自分が納得できる理由が存在しうる気がします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ochoo.blog48.fc2.com/tb.php/114-40505d69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。