スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10-24 朝まで生テレビ雑感 

今回の朝まで生テレビを見ていて、思っているよりも引いた位置から議論を聞いている自分に気がついて自分も歳をとったなと実感しました(笑)

 

さて、引いた位置から見ていた者の感想です。議論の中で継続性を考えれば仕組みに重心をおくことも必要であるとの流れができそうな場面がありました。朝生のおもしろさとは別の意味でおもしろくなるかなと期待していたのですが、新たな仕組みを考えるのはやはり日本人は苦手なんでしょうかね。仕組みを仕上げるのは得意そうなんですが。

 

例えば森永氏が「企業は極力、社員のクビを切らないようにして企業自体が新しい分野へ移行しやすくすべきだ」という意見を言われていました。仕組みに重心をおくのであればこれをスタート地点とした場合にどんな仕組みになるかを考えるべきでしょう。その場合スタート地点が良いか悪いかは関係ありません。

 

また、森永氏とは別の視点で全員が現在の非正規社員のようになって流動性を高めるべきであるとの意見もありました。ならばここをスタート地点としてどんな仕組みになるかを考えるべきでしょう。そしてとりあえず2つの仕組みの概要が見えてきた時点で、仕組みからアウトプットされるものや、現在からの移行プロセスなどの比較を批評的に行うべきだと私は思っています。

 

特定の前提条件(スタート地点)から仕組みをどうすべきかを議論するということは、これはベクトルとして工学側へのアプローチを求める場であるということです。そうであるにも関わらず、前提条件自身がどういうものであるかという視点からの批判は理学的なアプローチですので、議論が建設的になりにくくて当然です。

 

今回の朝生を見ていて思ったのは、日本で行われる公開討論のレベルを上げるためには結論へ向かっていることを感じさせるようにファシリテータが意識する必要があるのではないかということです。その上でTV番組としてのエンターテインメント性を求めるべきでしょう。エンターテインメント性がなくなってきたから次の話題へ、という流れはそろそろきついかもしれません。

 

それにしても堀さんが楽しそうだったのが印象的でした。(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。