スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネーミングの掟と極意 

ネーミングの掟と極意 (エンジニア道場)
開米 瑞浩
4798114332

ソフトウェア開発を行っていると様々な機能を実装することになります。そしてその機能の名前を使って各チームと打ち合わせなどを行うことがあります。おそらく多くの人がその際にもう一つしっくりこない名前だなぁと感じたことがあるのではないでしょうか。しょっちゅうそう感じている私としては「技術コミュニケーションのためのネーミング」の本ということで飛びつきました。

 

この本では2つの章からできています。第1章において7つのワークとしてネーミングを行う際に使うツールを説明しています。第2章ではて7つのワークがどのように適用されるかを具体的な事例を使って説明しています。ページ数は圧倒的に第2章が多いですね。

 

7つのワークのうち、5つが付けられた名前のチェックになっています。この5つのチェックは付けられた名前がそうあるべきだという方向としては納得のいくものです。ただし具体的な方法論としてはループバックチェックのようにかなり明確なものからあいまい用語チェックのようにやや明確になっていないものがあります。このあたりはまだいろいろと考えてみる余地があるのでしょう。事例に多くのページが使われていますが明確である分、ループバックチェックの存在感の大きさを感じました。

 

5つのチェックをひとまとめにすると7つのワークは、ビジュアライズ、サマライズ、各種チェックとなります。これはソフトウェア開発が行われる際にトップダウンで行う場合の流れにとても相性のよいものだと思います。もちろんソフトウェア開発がトップダウンだけで行われるわけではありませんがトップダウンが全く無いソフトウェア開発もありません。その意味でこの本で提示しているワークは多くのケースにおいて大小の差こそあれ有効な場面が存在することでしょう。

 

掟と極意というタイトルを見ると何か決定版という印象がありますがそうではありません。ネーミングという行為に掟や極意が存在する可能性を否定しない人にとってその方向へ向かう足がかりになる本です。この本にも道場という言葉が出てきますが、数多くの道場で切磋琢磨され淘汰されていることで掟や極意が生まれるのだと思います。

スポンサーサイト

裁判員制度が実施される前に 

最近は忙しくてテレビはほとんど見ることができなのですが、それでも聞こえてくる話題に裁判員制度があります。

 

拘束時間や判決、守秘義務などによるプレッシャーに見合うだけの意味が私たちの社会にとって重要であるということがまだ実感できていません。

 

そこで再審要求というキーワードを聞いて思いついたのですが、まずはこの再審要求の審議に一般の人を参加させるというのがよいのではないでしょうか。

 

再審を認めるかどうかであれば、判決や守秘義務から来るプレッシャーははるかに小さなものになりますし、審議に必要な材料が裁判というリアルタイム性の高いものから低いものになるため、予想外に長い時間を拘束される可能性も格段に小さくなるはずです。

 

法律に全くの素人の思いつきですが、これであれば一般の人に対する抵抗感は少なくなりますし、現状の裁判に対する意見を発する場としての機能も持ちうると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。