スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ 

ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
ドアラ
4569698239

中日ドラゴンズのマスコット、ドアラの本です。ドアラ著となってます(笑)。

 

どう転んでもドアラファンのための本ですね。いきなり買っちゃだめです。YouTubeでもニコニコ動画でドアラの新着動画を見つけたらつい見てしまうくらいになってから買いましょう。私は昔、ナムコの鉄拳にはまっていました。鉄拳と書かれた海苔に反応してしまうほどはまっていました(汗)。この本はそれくらいドアラにはまっている人のための本なのだと思います。

 

ドアラをご存じない方はとりあえずこのあたりを見てください。思わず反応してしまったら動画投稿サイトでいろいろ見てください。お勧めはやはりニコニコ動画ですね。

 

 

 

初版7000部の予定が70000部に増刷されたそうです。私が見たときはamazonのランキングで3位でした。瞬間風速かもしれませんが立派なもんですね(笑)。

 

71ページの「もう無理です」が最高でした。はい。

スポンサーサイト

打たれ強くなるための読書術 

打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705)
東郷 雄二
4480064109

自分の中にアウトプット可能な思考を作ることが自分の内側にのみにだけ価値があるのではないと思える人に読書というものへのアプローチが書かれている本です。

 

通常、アウトプット可能な思考は自分の中にある漠然とした状態の後に作られます。著者の言う打たれ弱いというのはこの漠然とした状態からアウトプット可能な思考へとたどり着けないことだと私は解釈しました。アウトプット可能というのは出力される思考が受け入れられる根拠から情緒的な部分が可能な限り排除されたという意味です。

 

人の成長の段階において学校読書、若年読書、青春読書、成熟読書と読書の分類がされています。自我の肥大期に心に響く青春読書の後にくる成熟読書をどのように行うかというのがこの本の主題になります。

 

まず本の選び方、買い方から始まります。といってもここで買えとか、この本を買えという内容が中心にはなっていません。実行可能な選び方や買い方が特色が紹介されていて選択はあくまで自分でという形になっています。私の場合はインターネットと書店巡りがほとんどですが人によってスタイルがあるのは自然だと思います。それでも新聞の下部に載っている本の広告の見方などは興味深く読ませてもらいました。また、「これから出る本」という冊子を次に本を買うときにもらってこようと思いました。自分のスタイルのすぐ横にある方法は試してみて損はないでしょう。

 

後半は読み方、そして読んで得た情報の取り扱い方が書かれています。私が特に大切だなと思ったのは文章を「事実」「推論」「結論または主張」に切り分けて読むという点でした。言われてみれば当たり前のことですが、内容を理解しようと読みながら同時にそれが事実なのか推論なのかという意識をするということは結構難しいことです。しかし文章の内容を受け入れることに抵抗感があり、その抵抗感はどこから来ているのかを考える場合にこの切り分けは有用なツールだと思います。その事実として語られていることが信頼できないのか、その推論が成立する前提条件が妥当ではないのか、結論が推論から飛びすぎていて説得力がないのかなど汎用的なチェックポイントの指標になりうると思います。またこの切り分けの推論を選択肢、結論を判断に入れ替えると事実をもとに選択肢の妥当性を吟味し判断するという仕事を行う上での意思決定プロセスにもなります。

 

斉藤孝氏などの本を読んで本を読むことにはこんなにおいしいことがあるよということが実感できた後、さらにそのおいしさを際立たせるにはと考えている方にとって一読の価値がある本かもしれません。

組込みソフトウェア開発のためのリバースモデリング 

組込みソフトウェア開発のためのリバースモデリング (組込みエンジニア教科書)
SESSAME WG2
4798113743

ソフトウェア開発手法の本ではその本が提唱する方法を説明し、簡単な例を用いてうまくいく状況を想像しやすくしています。しかし提示されている例には開発メンバー構成やスキルのばらつきなどが考慮されておらず共通の価値観や一定以上のスキルを持っていることが暗黙の前提条件となっていて実際になかなかうまくいかないことが多くあります。

 

この本でのは最初に悪い例が提示されています。そこでなるほどと思ったのは悪い例というのは良い例よりも共感しやすいということです。考えてみれば悪い箇所がどこかにあってそれを修正したいからこの手の本を読むわけですし、ある程度キャリアを積めば必ず過去にうまくいかなかった経験をしているはずです。実務に対する方法論の説明としては合理的だと思います。

 

この本はどうやってよい構造を持つソフトウェアを作るかという本ではなく、すでにあるソフトウェアをどうやってよい構造にしていくかというアプローチです。任意のタイミングで発生する変更要求や不具合に対して完璧な答えを提供する開発手法はありません。しかし一度作られたプログラムをスタート地点とすればその効果はぐっと現実的になります。

 

この本の中で使用されているツールや概念は独自のものではありません。DFD、構造図、ファンイン・ファンアウト、結合度、凝集度などWEB上で検索すればすぐに見つかるようなものばかりです。これらは通常、こうあるべきですという形で説明されます。しかしこの本ではこれらのツールを組み合わせることで今のプログラム構造とあるべきプログラム構造との差分を提示します。差分が埋められた分だけありべきプログラム構造に近づくという形式になっています。

 

作った後に行われるリバースモデリングですがプロジェクトに毎回今あるプログラムの構造を修正するという業務機会が発生するとは限りません。ですが所謂「ふりかえり」的にリバースモデリングを行うことには意味があると思います。あらかじめ修正される箇所が予想できれば新規プロジェクトにおいてもその分だけよいプログラム構造が構築できるはずです。目指すべきは完璧ではなくより良いものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。