スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thunderbird2でのタグを使ったGTD 

Thunderbird2.0がリリースされました。Webをいろいろ見ながら、リリースされたらやってみようと考えていたタグを使ったGTDです。

基本的な考え方は取り掛かり中のものとそうでないものを別フォルダに分けます。取り掛かり中のメールは受信フォルダにそのままにしておきます。ほっておいても目に入る場所の候補としては一番だからです。もう一つはdeleteされなかったメールという意味でSavedという名前にしました。対応が終わったメールはこちらに移動させます。Savedの中は今までと同じように自分にとって適当なサブフォルダを作成して分類しておきます。

Thunderbird2.0ではあらかじめ重要、ToDoなどのタグが設定されていますがこれをAction,Respond,Waiting,Holdに設定しなおしました。


  • Action 自分が何か作業を行う必要のあるもの
  • Respond 返事を書かなければならないもの
  • Waiting 返事を待っているもの
  • Hold 保留中

次に検索フォルダを作成します。検索の対象は受信フォルダだけです。検索フォルダ名は上で設定したタグに合わせて


  • 1_Action
  • 2_Respond
  • 3_Waiting
  • 4_Hold

とします。先頭に数字をつけたのは表示の順番をこの順番にしたかったという意味もありますが、タグをつけるときのショートカットが数字キーに割り当てられていてその数字キーと同じになるようにしました。検索フォルダ名が常に見えていることでタグのショートカットをいちいち覚えなくて済みます。

Thunderbird2.0を使っていて気になったのは、IMEがONになっているとタグ付けのショートカットが利きませんでした。あと、通常のフォルダを検索フォルダの対象にしていて、その下にサブフォルダを作成したときに検索の対象になりませんでした。上位のフォルダの設定をひきついでくれる方が私にはよかったかもしれません。

おおむね、気に入っているのでしばらく使っていこうと思います。


スポンサーサイト

訴えられるからなのか? 

4/19発売モーニングの専務島耕作から。


言葉を慎め!!そういう品のない言い方をしているとセクハラで訴えられるぞ!!


たいしたことのないシーンの台詞ならばともかく、その週の最後のページで今後の初芝を背負う人の台詞じゃないでしょう。ある意味で最も島耕作が他人に誇れる部分を作者が自らぶち壊しちゃまずいんじゃないでしょうか。



 

意見の提出と個人の動機 

「マンガは今どうなっておるのか?」から引用。


いずれにせよ人は現在ある事態の情報を、自分がどんな動機で見ようとしているかを考慮せずに、「普遍性」に向かうより大きなテーブルで議論することはむずかしい。


現状、問題点、対応策。会社などで自分の意見を提出するときの一般的な形式です。文章の書き方や自分の考えのまとめ方などについて多くの本が出ていますし、私も大変参考にさせてもらっています。

しかし、数ある対応策のの中から何故それを選んだのか、あるいはその問題を何故選んだのかということについて論理的な正しさや客観的な説明を行うことはとても難しいものです。そもそも論理的な正しさを示すことができないものもあるでしょう。

それでも選択をしなければならない場合に入り込んでくるものが動機だと思います。これを経験や直感として捉えることもできるでしょうが、動機自体を言葉にし自分の意思の再確認を行うことで自分の案への固執や、不自然な妥協を減らすことができる気がしています。

マンガは今どうなっておるのか?
夏目 房之介
4861470099
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。