スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TiddlyWiki 2.0.8 へアップデートした 

2.0.8が出たというのでアップデートしてみました。


まずは今使用しているmymemo.htmを忘れずにバックアップ。
(悪いことはいいません、必ずバックアップしたほうが良いです)
mymemo.htmをブラウザで開いたまま、別のウインドウ等でTiddlyWikiのサイトへ行き、 DownloadSoftwareからempty.htmlを右クリックから名前を付けて保存。 その際に保存先はブラウザで開いているmymemo.htmへ上書きする。


ブラウザで開いていたmymemo.htmでsave changesをクリック。(ここがポイント)
保存されたらmymemo.htmをリロード。右クリックでソースを表示させて2.0.8にアップデートされているのが確認できます。


スポンサーサイト

TiddlyWikiでリンクをクリックしたときの挙動 

仕事場でも自宅でもtiddlywikiを使ってるんだけど、 メインメニュー内のリンクをクリックしたときの挙動が違っているの理由がわかった。

 

options→Advance OptionsにあるClicking on links to tiddlers that are already open causes them to closeがチェックされているとすでにtiddlerが表示されている場合、 tiddlerへのリンクをクリックした時にそこへジャンプする。チェックされていないと表示されていたtiddlerがcloseする。 チェックされていないほうが私の好みだ。、

TiddlyWikiのtiddlerに枠をつける方法 

tiddlerの境目がどうにも見にくいので枠をつけてみる。
StyleSheetというtiddlerに以下を記述。

.tiddler {
border-top: solid 1px #ccc;
border-left: solid 1px #ccc;
border-right: solid 3px #aaa;
border-bottom: solid 3px #aaa;
padding: 1em 1em 1em 1em;
margin: 0em 1em 2em 1em;
background: #fff;
color: 333366;
width: 50em;
-moz-border-radius: 1.0em;
}

tiddlerにリストを表示したい 

やっぱり、メモは後で見るときにはリストで見たいなと。


ToDoのメモにはToDoとタグを振ってあるのでそれを一覧で見たい。ToDoのtiddlerに表示されているToDoタグをクリックしてOpen tag 'ToDo'を選択。新しくtiddlerができるので編集状態でdoneしてtiddlerを作成。


これでもいいかなと思ったんだけど、このtiddlerにちょこちょこっと書き込んでみたらテキストの回りこみ具合が見にくかったので新規にtiddlerを作成してタイトルをToDoListとして内容を



<<tagging ToDo>>



として保存。とりあえずOK。いちいちtagにToDoと入力するのが面倒だったのでToDoListに



新規ToDoの作成<<newJournal NewToDo ToDo>>



として保存。これでToDoListのnew journalをクリックすれば自動的にToDoのタグがふられたtiddlerができる。あとはToDoListをMainMenuに追加して終わり。


TiddlyWikiを使い始めた 

ToDo管理や会議のメモにTiddlyWikiを使い始めた。

FitzNoteなんかも使ってみて便利なのは間違いなんだけど、 Subversionで複数のPCの同期を取ろうとしたとき、 Windowの位置まで覚えてるからいちいちコミットするのが面倒なのが辛い。それでTiddlyWikiに決定。
EcoNoteも試せばよかったかな。 まあ、時代はFolksonomyだし。(笑)


TiddlyWikiのサイトのDownloadSoftwareからthis linkを右クリックして保存。一応pathにスペースが入っていない場所に置いてIEで起動。 うまく保存できなかったのでFirefoxに変更。すんなりうまくいったのでFirefoxで使うことに。会議中、 Webサイト見ているように思われたりして。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。