スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本辺境論 

日本辺境論 (新潮新書)
4106103362

この本は面白いです。書かれている内容を批評するほどのインテリジェンスは私にはありませんが、肯定的に読んでも否定的に読んでもその切り口は一考の価値があると思います。私が面白いと感じた箇所をいくつか挙げておきます。

 

彼らは例えば「中国近現代史が専門です」とか「30年代のフランス・ファシズムが専門です」というふうにさらっと言います。どうしてそういうスケールを採用したのか、どうしてそう区切ることがそれ以外の区切り方よりも適切であると判断したのか、その理由はふつう説明されません。

 

もし、あるミュージシャンが他のミュージシャンとのコラボレーションの見通しを聞かれて「オリコンチャート2位の音楽家として」コラボレーションしたいと言ったら、、、

 

私たちの時代でも、官僚や政治家や知識人たちの行為はそのつどの「絶対的価値体」との近接度によって制約されています。「何が正しいのか」を論理的に判断することよりも、「誰と親しくすればいいのか」を見極めることに専ら知的資源が供給されるということです。

 

「大東亜戦争」を肯定する、ありとあらゆる論拠が示されるにもかかわらず、強靭な思想性と明確な世界戦略に基づいて私たちは主体的に戦争を選択したと主張する人だけがいない。

 

データ、情報、知識、知恵のフレームワークに照らし合わせればこの本は情報から知識、そして知恵へ向かう途中までが守備範囲でしょう。そのあたりを守備範囲とする本は難しいものが多く、読み続けるモチベーションを維持するのが困難です。本を読む時に付箋を貼る修正のある人なら、きっと付箋だらけになっているのではないでしょうか。


スポンサーサイト

裸でも生きる 

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)
4062820641

読んでみてなるほど売れる本だと思いました。事の大小を別にして仕事上で悔しい、嬉しいと思った経験がある人、想像出来る人は普通に共感できます。私も泣きそうになりました。

 

著者はかなりの頑張り屋です。体を壊すほどすぐ頑張ってしまいます。これがフィクションならば伝えるためのデフォルメとして表現されるのでしょう。しかしノンフィクションであるためにこれは伝える力を持ったまま稀少性となります。

 

自分の信念と経済の理屈がコンフリクトを起こすことがあります。その場合、取りうる道は2つしかありません。自分の信念を変えるか、自分の信念を変えなくても良い方法を見つけ出すかです。信念を変えない場合、信念が経済性から遠いところにあればあるほど後者は困難になります。多くの起業家の方との差があるとすればこの信念と経済性との距離でしょう。その距離の遠さが著者の稀少性です。

 

希少なものはそれだけで価値があります。普段仕事に追われていると心のエントロピーが高くなってしまいます。この本はただ希少なだけでなく心のエントロピーをいくらか戻してくれます。それはとても価値あることだと思います。

Thunderbird 3.0 

Thunderbird 3.0が出たということで早速アップデートしました。

インストールが始まったところで、「あ、lightning。。。」と、アドオンのことを思い出してしばし思考がフリーズ。

インデックスの再構築にかなり時間がかかっていたのでなんとか気を取り直してNightly buildを探しました。その他、Nostalgy、tag toolbarなども見つかりました。とりあえずなんとかやりすごせそうです (^^;

 

Nostalgy
http://alain.frisch.fr/soft_mozilla.html

 

lightning
http://www.mozilla.org/projects/calendar/lightning/download.html

 

tag toolbar
http://hogi.a.orn.jp/ja/downloadcgi.rhtml?tagbar


PAGE CHECKを買いました。 

有限会社ラフコムから発売されたPAGE CHECKというブックマーク(栞)をハンズで買ってきました。価格は294円です。仕組みはとてもシンプルで、三角形の板にシリコンゴムをひっかける刻みがついているだけです。私の好みとしてはもう少し薄いと良かったのですがここらは強度とのトレードオフなのでしょう。

 

スワンタッチのときのような「おお、なるほど!」という感覚はあまりありませんが、ページのホールド感としてはこちらのほうがあると思います。また、ページをめくるときの感じはスワンタッチの方が自然な感じがしますが、これはまだ慣れていないためにおっかなびっくりとやっているからかもしれません。

 

今読んでいる本は紐の栞がついているので、ついつい閉じるときに紐を読んだページにはさんでしまいますが、たまに忘れることがあるのでもう少し使ってみようかと思います。

 

http://www.pagecheck.biz/

 

ちなみに、この日一番感動したのはBook1stの店員さんの手際の良さでした(笑)。私は本を読むときにポストイットスタイルキットを使用しているので紀伊国屋書店さんのカバーの付け方よりもBook1stさんの付け方の方がありがたいのですが、当然そちらの方が手間がかかります。それでも支払いから袋に入れた本を渡すまでの作業がよどみなく流れて、いらちな私が全く気にならないスピード感はお見事でした。

笑う科学 イグノーベル賞 

笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)
4569774407

 

基本的に好きなネタです(笑)。イグノーベル賞がノーベル賞のパロディだとか裏ノーベル賞といった感じでご存知の方も多いと思います。この本はイグノーベル賞についてもう少し知りたいという人に向けた新書らしい新書です。

 

この本は大きく分けて3つに分かれています。イグノーベル賞の説明、過去に受賞した日本人の紹介、これから受賞しそうなものの紹介となっています。

 

賞の一番の見せ場といえば授賞式です。創設当初はMITで、現在はハーバードで行っているそうです。権威に役割があるとすればそれは既存の形に当てはまっているかどうかを判定することではなく、考慮すべき意味があるかどうかを判断することだと思います。こういう部分についてはアメリカのスタイルというのは素晴らしいと思います。

 

第2部では日本人の受賞したものについて説明されています。NHKでも取り上げられたピカソを識別するハトや牛糞由来バニラなどが紹介されています。第2部以外でも各国の受賞内容がいくつか紹介されています。これらを読んでいると、成果物としてしっかりしているものもありますが、そうでないものもあり、成果物が与える影響よりもそれに取り組んだことに対して与えられていると感じました。

 

賞というからには選考基準があり、この選考基準は賞のコンセプトから生まれます。イグノーベル賞の基本コンセプトは「まず笑わせ、そして考えさせる」です。私はコンセプトは抽象的過ぎず、具体的過ぎず、生み出された対象物を見てまさにその通りだと感じさせるものほど優れていると考えています。その意味で「まず笑わせ、そして考えさせる」というコンセプトは本当に優れているコンセプトではないでしょうか。


10-24 朝まで生テレビ雑感 

今回の朝まで生テレビを見ていて、思っているよりも引いた位置から議論を聞いている自分に気がついて自分も歳をとったなと実感しました(笑)

 

さて、引いた位置から見ていた者の感想です。議論の中で継続性を考えれば仕組みに重心をおくことも必要であるとの流れができそうな場面がありました。朝生のおもしろさとは別の意味でおもしろくなるかなと期待していたのですが、新たな仕組みを考えるのはやはり日本人は苦手なんでしょうかね。仕組みを仕上げるのは得意そうなんですが。

 

例えば森永氏が「企業は極力、社員のクビを切らないようにして企業自体が新しい分野へ移行しやすくすべきだ」という意見を言われていました。仕組みに重心をおくのであればこれをスタート地点とした場合にどんな仕組みになるかを考えるべきでしょう。その場合スタート地点が良いか悪いかは関係ありません。

 

また、森永氏とは別の視点で全員が現在の非正規社員のようになって流動性を高めるべきであるとの意見もありました。ならばここをスタート地点としてどんな仕組みになるかを考えるべきでしょう。そしてとりあえず2つの仕組みの概要が見えてきた時点で、仕組みからアウトプットされるものや、現在からの移行プロセスなどの比較を批評的に行うべきだと私は思っています。

 

特定の前提条件(スタート地点)から仕組みをどうすべきかを議論するということは、これはベクトルとして工学側へのアプローチを求める場であるということです。そうであるにも関わらず、前提条件自身がどういうものであるかという視点からの批判は理学的なアプローチですので、議論が建設的になりにくくて当然です。

 

今回の朝生を見ていて思ったのは、日本で行われる公開討論のレベルを上げるためには結論へ向かっていることを感じさせるようにファシリテータが意識する必要があるのではないかということです。その上でTV番組としてのエンターテインメント性を求めるべきでしょう。エンターテインメント性がなくなってきたから次の話題へ、という流れはそろそろきついかもしれません。

 

それにしても堀さんが楽しそうだったのが印象的でした。(笑)


紙の大きさと書く内容 

手帳術やノート術などの本がたくさん出版されています。私も何冊か読ませていただきました。様々な工夫が紹介されていていろいろ参考にさせてもらっています。どんな工夫が私にとって有効なのかを考える際に、紙の大きさと書く内容について考えてみました。

 

パターン1。今自分が持っているもの、知っていることを基に何らかの関係、構成、体系などを見つけ出そうとしているときに書くという作業を行います。この場合、一発で見つけ出せることなどほとんどありません。そこには必ず試行錯誤が行われます。当然無駄な記述も入ってきます。そのためには広さが必要です。そこで得られた関係などはアウトプットされることが意識されています。

 

パターン2.批判的な見方を横に置いておいて、すでに提示されているものを理解することを目的として書く場合があります。いわゆる学習です。ここで提示されているというものはすでに構築されているわけですからそのための試行錯誤は不要です。その分、要求される広さは少なくなります。

 

パターン3。何かにフォーカスして書く場合があります。何にフォーカスしていたかは覚えていてもその内容すべてを覚えていつづけることは難しいことがあります。例えば会議メモや講演メモなどです。仕入れておくべきだと判断された情報などが書かれます。小学校あたりの学習もこの範疇に入ってくると思います。この場合はある程度狭くても問題ありません。

 

パターン4.とにかく忘れたくないために書くといことがあります。手帳などに短く書くメモです。

 

これらのことについて自分の生活において日常的に発生するケースを振り返ってみると、私の場合はパターン3、4が多く発生しています。最近はパターン1も徐々に増えてきました。パターン1ではA4を、パターン3ではA5を、パターン4ではA7の紙を使っています。

 

ちなみにデジタルデータのドキュメントについてはアウトプット用と割り切るようになりました。試行錯誤するには自由度が足らないと感じ、常時携帯しメモするには制約が多く、仕入れるべき情報にラフで十分な図が入り込んでくるとやはり紙の方が楽だと感じています。内容をそのまま何度も流用したり、網羅的に検索することが頻繁になってくれば、そのときはPCへの依存度が上がってくるかもしれません。

PDCAサイクルとWARE Linkの性質比較 

前回はPDCAサイクルとWARE Linkの内側からの違いについて書きました。今回は外側から見てどのような違いがあるかを考えてみます。

 

PDCAサイクルは時間に対しての依存性が高く、WARE Linkは低くなっています。これはどちらが良い悪いではなくそういう性質ということです。これによって向いているケースが分かれてきます。そこで、どちらもアウトプットされる対象物があるわけですから、そこに注目してみます。

 

例えば研究の成果の精度を上げる場合や売り場の改善などを行うような場合、対象となるのは研究や売り場となります。これらは時間の経過という観点から見ると対象は切断されること無くつながっています。これは対象が特定されているということになります。つまり、対象自身がどうあるべきかに焦点が当てられています。

 

一方、メーカーが製造する製品やニュースや書籍などもさらに良いものをと多くの人々が努力を続けています。しかしその対象となるもの自体は時間の経過において切断されています。これは対象が一般化されているということになります。この場合、対象を扱う人がどうすべきかに焦点が当てられています。

 

もちろん、焼き物職人のように次に作るものをよいものにするために窯を改善することもありますし、店員が売り場を改善するために一般化された知識を持つコンサルタントから方法を学ぶこともあります。単純なカテゴリ分類知識だけで常にうまくいくわけではありません。対象の理解を深める、つまり対象をとらえる視点の数を増やし、方法論が(多くの場合暗黙的に)持っている前提条件や性質と照らし合わせて考えることでより効果が高まるのだと思います。

PDCAサイクルの別視点 

最近、PDCAサイクルを別視点から見てみようとしています。PDCAとはPlan,Do,Check,Actと4つの動詞でできています。つまり行動のあり方を提供してくれているわけです。行動するということは必然的に時間に対しての依存性が高くなります。

 

実際のプロジェクトが開始されるタイミングはActが終わったことを条件として開始されるのではなく、周囲の状況によって開始されます。Actが終わる前に開始されることもありますし、Actが終わってからしばらくたって開始されることもあります。

 

PDCAサイクルにおいてAct後、できるだけ早くPlanに移ることができるほうが理想的です。しかし現実はそういうわけにも行きませんからそこにPDCAサイクルをうまくまわすためのノウハウが必要になります。つまり業務改善のノウハウであるPDCAサイクルをうまく行うためのノウハウが必要になるということです。

 

そこで以下のような関係を考えてみました。

 

WARE Link

 

とりあえず名前付けということでWARE Linkとしています。PDCAサイクルが動詞ベースで構成されていたのに対して、Strage可能なものをベースにしてあります。サイクルよりも時間への依存性が低いのでLinkとしてみました。Ways,Actions,Resultsは外部Streage化可能です。これでより断続的になります。

 

行うこととその成果を分離してあるので、効率よく行うためのノウハウと成果の形を望ましいものにするためのノウハウを分けて考えることができます。両方を同時にこなさなければならない場合に比べて習得すべきノウハウがシンプルになります。

 

また、WaysとExperiencesを分けることで組織に潜在している実力の局所化の軽減を人の移動だけに頼らないようにしています。

 

個人、チーム、組織では時間の流れが違います。時間への依存性を少なくすることで違うレイヤーへの展開がスムーズに行くのではないかと考えています。


デザインのデザイン 

デザインのデザイン
4000240056

私は言葉で表すことが難しいことをなんとかして言葉で「普通の人に」伝えようとしている人の試みが好きです。著者の原研哉氏もその一人だと思います。

 

この本はまず著者のデザインとは何かという定義から始まり、実際にデザインされた対象について語り、後半でマーケット、日本、自然といった環境、社会など個別の物体から離れたものについてデザインという切り口から何が見えるのかを伝えようとしています。

 

私は芸術性に対する座標軸の方向は娯楽性だと考えています。作り手と受け手という考え方です。この本では個人に対して社会という形で芸術に対してデザインを位置づけています。この考え方から何が発展していくのかは私にはわかりません。しかし私にとっては新鮮な視点であり、新鮮であるということは可能性を感じさせてくれるものであることは認めざるを得ません。

 

最もダイレクトに実感させてくれるのは第2章のリデザインでしょう。私の好きな建築家である隅研吾氏のゴキブリホイホイを見て「なるほど!」と素直に思いました。デザインがなんらかのメッセージを持つという意味において良い事例がいくつか提示されています。

 

後半で興味を惹かれたのは

ここで言う「センスのよさ」とは、それを持たない商品と比較した場合に、一方が啓発性を持ち他を駆逐していく力のことである。

 

という部分でした。適切な例であるかは自信がありませんが、ゲーム機のコントローラにおいてPlayStation以前と以後では明らかに形が変わっています。携帯音楽プレイヤーにおいて高音質、多機能をもってしてもなかなかiPodの牙城はくずれません。同じ節にもう一つおもしろい指摘があります。

その企業がフランチャイズとしている市場の欲望の水準をいかに高水準に保つかということを同時に意識し、ここに戦略を持たないと、グローバルに見てその企業の商品が優位に展開することはない。

 

これはかなり刺激的な視点です。消費者の欲求を外部パラメータとしてスナップショット的な戦術を練るのではなく、連続的な欲求の高感度化(エデュケーション)を図る戦略が必要だと言っています。自動車やプライベートなサブカルチャー(マンガ、アニメ、ゲーム)、その他日本がリードしている業界を見てみるとこの視点は簡単には否定できません。

 

職種が違えばモノを見る立ち位置が変わります。立ち位置が違うことを言葉で説明するのはとても難しいことです。その立ち位置から見ることが有用であることを理解してもらおうとすればさらに難しくなります。しかしやり方を覚えるだけでよい時代の後は体現出来る人がまず語ることから始まるのではないでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。